Linuxの知識

サーバーエンジニアは、ウィンドウズ以外にも色々なOSについての知識を深めておく必要があります。
中でもlinuxは、すべてのOSの基礎となるため、知識を深めておくのは急務と言っても過言ではありません。
そのために、LPICの取得を目指すのが一番の近道になるでしょう。

LPICはLinuxについての知識を深めるための資格でレベルは1~3に分かれています。
レベルが上がるごとに要求されるレベルが上がってきます。

サーバーエンジニアを目指すのであれば、少なくてもレベル2くらいは持っておいて損はないでしょう。

基本的な操作を扱うのがレベル1の分野で、ネットワークやサーバーの構築に関するのがレベル2だからです。
レベル2を有しているというだけで、Linuxについての知識が裏付けされているので、どこへ出ても恥ずかしくはありません。
サーバーエンジニアであれば、もっているのが普通と考えていただいても、問題ないくらいにLinuxの運用については重要な意味があるのです。

レベル3までもっているのであれば、サーバーエンジニア以外にも、Linuxエンジニアとして活躍できる機会もあります。

Linuxについての知識は、サーバーエンジニア以外にもインフラエンジニアなどの他のエンジニアさんにも取得しておいて欲しいと思います。

と言うのも、Linuxの本質は、ユビキタスの構築にあると考えられるからです。
その為にはLinuxの知識は必要不可欠ですし、これから確実にユビキタスは実装されていきます。
そんなサーバーエンジニアに必要なスキルについての参考サイトをご紹介しておきますhttp://serverengineer-licence.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です